叫び 競輪


by repa-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:競輪( 255 )

奈良

 79期広島の西本龍

A級時代に、奈良を走って新聞のコメントで

高校が奈良で、知り合いが応援に来るので

気合が入ると書いてあった記憶がある。

S級に上がって、俺の記憶がたしかなら

1回だけ走ったと思うけど、連に絡んでないと思う。



 負け戦の2,3着の穴なら面白いかも???

でも、コイツ和田誠吾の弟子だったと思うから

注意して下さい(笑)
[PR]
by repa-do | 2006-02-14 23:39 | 競輪

嗅覚が働く、勝負レース

 昨日の静岡9Rは、海老根の軸で勝負出来たレース。

前日、地元に気を使いインに詰まって消化不良。

いろんなHPの情報、メンバー的にも軸で買える。

オッズも割れていた。

問題は、2着と相手。スジの遠沢、番手勝負の小川。2段掛けの

川崎、3番手阿部。


続いて、考えるのは競り、捲りか逃げ。

4人のどこを本線にするか考える。ここで、

最近打っていない勝負勘の悪さが・・・

近況の小川競りの強さも?、縦脚ダッシュの見劣る遠沢、

展開に注文のつく川崎と阿部。

決まらない・・・ここまで疑いだすと記念の最終日の成績が

あまり良くない海老根まで

疑いだす。小川が東北に切り替え海老根7番手ならヤバイとか・・・・

こうなると、購買意欲まで失う。情けない話だ( ̄- ̄;)

結局、見。


 結果は。海老根先行で、小川圭ー海老根ー小川巧2,810円の8,660円

美味しい!!でも買いに行っていたとしても、

小川の頭は買っていなかったと思う。


 結果論だが、番手にそんなにこだわる選手ではない小川が

「先行の番手」とコメント

顔見せで、海老根の番手に行った。負け戦でここまでしたのだから

気合が入っていたと読んでも良いし、勝負して抜けても納得もできる。

28倍もあれば、押さえでも儲かっていた。


 しっかり読んで、勝負したくろちゃんはさすがである!!決勝も!

それに引き換え、自分は勝負度胸も失っていれば読みもなっていない。

情けない・・・

復活は、まだまだ見えてこないな、と感じた静岡記念でした。

[PR]
by repa-do | 2006-02-13 23:41 | 競輪

1995 GP   ③

 ズボンの右ポケットには、1枚の車券

右の革ジャンのポケットには、1番車の吉岡のテレカ(笑)

心臓は、バクバク言っている


ジャン過ぎ、神山が先行体勢に入る

内(外だったかな?)松本が高橋を飛ばし番手に

再び高橋が追い上げ、併走に・・・


<そのころ新ちゃんの家では・・・>

後日、聞いた話を思い出した

新ちゃんとパパは、それぞれ自分の部屋でTV観戦

松本が神山の番手を取った瞬間・・・・

パパの部屋から大声が!

「よ~~~っし!!どこまで行っても6-6よーーー!!」

数秒後・・・・

「だぁあ~~~~~」   ドスン

その日、パパの姿を見ることはなかったらしい・・・・・


レースに戻る

逃げる神山、三宅も発進、神山の後ろは渋滞に

「吉岡~~行け~~~!!」

オッズとは、裏腹に場外でも凄い大吉岡コール

やっぱり吉岡の人気は凄い

3角を越え、吉岡はますますスピードに乗る

心配は、井上だ!しっかり追走している!

「よ~っし、来い吉岡!!イチゴーーー!!」

4角まわって直線に!2億2億と逃げる神山!

吉岡も来た、届きそうだ!井上は神山、吉岡の中を割ってくる

裏は、ねーぞ!!「1-5~~~」

ガシャーン ・・・・・・い、いちろく・・・・・・

場内は、すげ~吉岡、吉岡強え~の大合唱

マジか・・・吉岡・・・神山・・・マジか(T_T)

固まって動けない・・・・

テレカをなぜか眺める( -_-)

放心状態で、車に戻る。なぜか左手に明日の

広島ヒラ開催の前夜版が・・・10R新田義男で固そうだ・・・


1995 12月31日 広島競輪場 16:00

ジャン!ジャン!ジャン!・・・・・・

・・・・・・ドテ   ボーナスは消えた・・


 その日の夜、車3台で初詣に行く予定だったが、欠場・・・

気がつけば、1996元旦昼過ぎ、友達からの年賀状には

GP儲けたんじゃろ?の文字が。。。。また寝込んだ
[PR]
by repa-do | 2006-02-07 23:06 | 競輪

1995  GP  ②

 俺は、高校を出て初めての冬のボーナスを貰った。

  資金は、過去最大だ!

①吉岡 稔真
②小橋 正義
③高橋 光宏
④滝澤 正光
⑤児玉 広志
⑥三宅 伸
⑦井上 茂徳
⑧松本 整  
⑨神山 雄一郎 

①7 ⑨35 ⑥2 ⑧ (児玉の位置が思いだせん)

 オッズが開いて驚いた!GPなのに

神山オッズである。(ほとんど3ケタ)

 狙いは、もちろん吉岡!(理由は忘れた・・・)

スジでも12~14倍あったと思う

スジで勝負するか?3点にするか?悩んでいると、


「よっ!れぱ!」高校の同級生が声をかけてきた。

普段は、パチンコマンだがGPだから来てみたらしい。

「誰が来るん?」と聞かれ「吉岡!」と答えた

「えぇ~、吉岡骨折明けなんじゃろ?」「でも、吉岡」

と答えた。「2着は?」「知っとる名前買えば大丈夫じゃろ」

「ほんじゃ~1-5、1-6買って帰るわ」

(広島は、まだ車連を売っていない)



 するとまた、「れぱちゃ~ん」今度は中学の同級生の新ちゃんだ

こいつは、今年のGPは絶対当てると枠33通り全部買ったらしい・・

さすが新ちゃん(爆)

「パパは?」と聞く、新ちゃんパパは熱血ギャンブラーその中でも

大の競輪好きだ。ヒラ開催10R全的中の伝説も持つ

「6-6買って来い言うて、アホみたいにこうとるわ(買っている)」

たしかに、アホみたいに諭吉さんが並んでいる(笑)

 オッシ!!俺も1点でバカみたいに、こうて勝負じゃ!(爆)


  つづく
[PR]
by repa-do | 2006-02-06 19:10 | 競輪

1995 GP  ①

 思い出のレースと言えば、俺はこれ。

この年の世界戦で吉岡が落車骨折、4連覇のかかった競輪祭を

無念の欠場。その競輪祭を取った神山は強いレースだった。

番手は、山口健治。神山がなかなか勝てなかったときも、

「お前は、強くなる」と常に番手を回ってくれ、「健治さんと決勝に乗れて

嬉しい」とコメントしていた。

レースは、まさに横綱!逃げる神山、内から来た渡会を決め、

捲って来た三宅伸を自らブロック、そのまま逃げ切りV。

①神山ー④平田ー⑤山口  枠の1-4 だったと記憶している。

山口さんと表彰台に乗れて嬉しいと神山涙。

 吉岡は、12月のふるダビ和歌山で復帰。

決勝には、乗ったものの優勝は出来ず、復活には時間が

かかりそうな、不安一杯のレースだった。

優勝は、松本整だったと思う。


 そして、むかえたGP!

主役は、この年宮杯、全日本、競輪祭を取りGPを取れば

初の2億円レーサーとなる神山だった。


  つづく

(昔の記憶を思い出して書きました。記憶違いもあるかも・・・)
[PR]
by repa-do | 2006-02-05 18:48 | 競輪