叫び 競輪


by repa-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1995 GP  ①

 思い出のレースと言えば、俺はこれ。

この年の世界戦で吉岡が落車骨折、4連覇のかかった競輪祭を

無念の欠場。その競輪祭を取った神山は強いレースだった。

番手は、山口健治。神山がなかなか勝てなかったときも、

「お前は、強くなる」と常に番手を回ってくれ、「健治さんと決勝に乗れて

嬉しい」とコメントしていた。

レースは、まさに横綱!逃げる神山、内から来た渡会を決め、

捲って来た三宅伸を自らブロック、そのまま逃げ切りV。

①神山ー④平田ー⑤山口  枠の1-4 だったと記憶している。

山口さんと表彰台に乗れて嬉しいと神山涙。

 吉岡は、12月のふるダビ和歌山で復帰。

決勝には、乗ったものの優勝は出来ず、復活には時間が

かかりそうな、不安一杯のレースだった。

優勝は、松本整だったと思う。


 そして、むかえたGP!

主役は、この年宮杯、全日本、競輪祭を取りGPを取れば

初の2億円レーサーとなる神山だった。


  つづく

(昔の記憶を思い出して書きました。記憶違いもあるかも・・・)
[PR]
by repa-do | 2006-02-05 18:48 | 競輪