叫び 競輪


by repa-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

四面楚歌


  絶対絶命とか、八方ふさがりで困ったなど





 項羽と劉邦の話をしてまして、ふと思い出しました。

この時代の話は、秦滅亡から漢の誕生の話です。

秦の皇帝は、初の中国統一をしたファーストエンペラー始皇帝。



 始皇帝と言えば、まだ謎の多い始皇帝陵、兵馬俑。

ピラミッド、ダ・ヴィンチ・コードより私は興味があります。

万里の長城が作られたのもこの時代。

背水の陣や馬鹿という言葉も生まれました。



もう1つ面白い話が、始皇帝が不老長寿の薬を探させに

除福という人物を東海に行かせました。その船には

男女各500人の子供が乗っていたそうです。

そして、除福の墓は和歌山県の新宮にあるそうです。

ねっ、面白いでしょ(^^)



 四面楚歌という言葉が出来たのは。

楚、項羽は圧倒的兵力と武力ではあったが、

漢、劉邦の部下達の能力が素晴らしかった。劉邦の人柄もあったようだが。

策略と裏切り、項羽の知力のなさもあり徐々に敗走する楚軍では

あったが、鬼神項羽は中々倒せなかった。

そこで、劉邦の部下韓信、張良の取った策とは・・・



 垓下の戦い

夜更け、楚の陣に歌が聞こえてきた。

四方から、故郷の歌、歌声が。敵陣の漢軍から。

楚の兵士は、自分の家族を思い出し、故郷は、既に漢の手に落ちたと知る。

敵陣には、楚の兵士も多くいることも知る。


敵陣である四方から楚の歌が聞こえる。 「四面楚歌」


楚の兵士は、皆涙したそうだ。

9割の兵士が脱走。

決戦前の50万の軍勢が僅か800名になった。

項羽も涙し、死期を悟ったそうだ。



その後、劉邦が皇帝に即位し漢王朝となる。

(漢字、漢文なども↑からきているらしい)



その数百年後。三国志の話になる。
[PR]
by repa-do | 2006-08-31 09:53 | 叫び